木次駅~出雲横田駅周辺の見所

木次駅からはトロッコ列車に乗り換えて、奥出雲へと向かおう。
木次駅を出た列車は、トンネルと鉄橋を渡りながら高度を上げていく。
やかないサプリは効かない 口コミ

山間に盆地が開けると出雲三成駅だ。
鬼ノ下震と呼ばれる3kmに渡る奇岩・巨岩の渓谷は、町を流れる斐伊川の支流・馬木川をしばらく遡ったところにある。

次は、亀嵩駅。ここは松本清張の「砂の器」の重要な舞台となったところだ。
山に包まれた小さな集落が小説の世界へと誘う。
架空から現実へと引き戻してくれるのはそばの香りだ。
なんと駅舎内に手打ちそば屋があり、列車の中まで届けてくれるのがうれしい。

亀嵩駅を出ると出雲横田駅。
稲田神社にちなんだ社殿造りの駅舎が印象的だ。
稲田神社もオロチ伝説にゆかりが深く、オロチの生贄にされるところをスサノオノミコトに助けられた、クシイナダ姫が祀られている。
また、駅の南東にそびえる船通山もオロチ伝説の舞台。
山頂にはスサノオノミコトがオロチの尾から剣を抜き取ったことを示す碑が立っている。
ピュアエサラは効かない 口コミ